タイトル線.png

アパート・マンション経営

土地の有効活用のひとつであるアパートやマンションの経営は、収益性だけでなく節税・相続にも有効な土地活用法です。

タイトル線.png

マンション・アパート経営におけるメリットと留意点

メリット

  1. 賃貸アパートやマンションを建てる事で、建築手法によっては土地と建物双方の相続税評価額を下げる事を可能とし、また、建設資金を借入で調達することで遺産総額から債務額を差し引くことができます。これらの効果を最大限に利用することで相続税の節税が期待できます。
  2. 土地を所有していれば毎年固定資産税や都市計画税がかかりますが、その土地上にアパートやマンション等の共同住宅を建てる事で、敷地の相当面積について固定資産税を軽減する措置があります。
  3. 計画性を持って経営管理する事で、上記の節税による利益と長期的な家賃収入を利益として得ることが可能です。

 

マル.png

デメリット

  1. 見込みや計画を間違えると、運営中に空き室率の上昇や、満室であっても納税等により資金ショートを招く恐れがあります。
  2. 計画を間違えると、節税はおろか思わぬ高額な税金を課税され収支悪化に陥ります。

 

留意点

立地条件と入居者ターゲットを見誤ることや、机上での期待先行の企画や収支予想が甘い計画は、ローリスクなアパート経営もハイリスクに変貌させてしまいます。このような企画プランの欠陥は、経験とノウハウを備える不動産業者であれば容易に察知することができます。未然に防げるリスクを回避するため、アパート建設の計画の際は、ぜひ、弊社へご相談ください。

タイトル線.png

このような方におすすめします!

  1. ハイリスクハイリターンな土地活用を望まない方
  2. 所有不動産を多く持っていて相続税や固定資産税が多額にかかる方
  3. 私的年金がほしい方

 

タイトル線.png

マンション・アパート経営を始めるまでの流れ

 

1.png  目的の確認 

アパート・マンション経営をするにあたっての目的を明確化することがもっとも大切です。その目的を基に計画立案をしていきます。
 2.png 綿密な市場調査
賃貸経営を始めるに当たり市場ニーズを掴むとこが最も大切です。現在の状況と未来の予測を捉えることで、長期的に安定した経営が可能な建物を建てることができます。
 3.png 建設敷地の診断
精密な市場調査をもとに目的との適合性診断を行います。もし市場ニーズと目的が合わない場合は断念することも大切です。
 4.png 建設計画の立案
市場調査を踏まえ立案した建物プランを設計会社に依頼します。その際、市場ニーズが高く、他物件と差別化できるようなプランを作成することが大切です。カップルやファミリー向けであれば駐車場を1世帯2台以上を確保する事や、防犯面に配慮した配置なども合わせて盛り込みます。
 5.png 事業収支計画書の作成
プランが固まってきたら事業収支計画書を作成し、シミュレーションを行います。弊社にて取引頂けるお客様には資金計画・融資返済計画を相談の上、お客様に合ったプランを提案し収支計画を完成させます。この計画書はそのまま融資申し込みに必要な「事業計画書」としてお使い頂けるものです。
 6.png 資金調達
事業計画が固まりましたら、資金調達の為金融機関に審査を依頼します。弊社が作成の事業収支計算書はそのまま審査を受け付けて頂けるケースがほとんどですのでぜひご活用ください。 融資の内定が出ましたら、本格的に建物の設計を固め建設会社選定へと動き始めます

タイトル線.png

土地をご所有でない方でアパート・マンションの経営を検討したい方

現在土地をご所有でない方、もしくはアパート経営に不向きな敷地をご所有の方でアパート・マンション経営にご興味をお持ちの方には、先ず既述の「アパート経営までの流れ」のステップ1から3までを実践します。そして様々な土地情報を集約しその目的に見合う経営が可能な土地を選別のうえ、効果的な経営プランをシミュレーションしてご提案してまいります。

安心してアパート・マンションの経営を始める事ができるよう、その投資効果をご確認頂く事が当社の使命であると考えています。